光による睡眠の管理が脳によい理由

まず、快眠のための「光環境」づくりについて。

寝る前

寝室は暖色系の間接照明にして、寝室以外でも強い光を浴びないこと。

コンビニ、パソコン、スマホなどの光は脳を目覚めさせてしまうので注意!

就寝時

突然、真っ暗にせず、オフタイマーなどを使用して

「徐々に暗くする」ことが大切です。

就寝時の照度は「月明かり」の明るさ=0.3ルクス。

トイレなどで起きるときも強い光を浴びないように注意が必要です。

目覚め

朝の光には、「生体時計」をリセットする効果があります。

人間の「生体時計」は24時間ぴったりではなく、

25時間という少し余裕を持たせたサイクルでできあがっています。

このサイクルを、朝の時点でゼロスタートに戻すわけです。

なぜこのようなことが起きるかにも諸説ありますが、

体内でとあるタンパク質が増え、

また別のたんぱく質が別の物質にくっつき・・・という動きの周期が、

光によって早められる、ということがわかっています。

光に反応する物質のひとつに、「セロトニン」というものがあります。

マウスやサルを用いた実験でセロトニンの作用だけを説明すると、

次のようになります。

セロトニンの働きが不足している動物 = 仲間に対して攻撃的になる

セロトニンが十分に働いている動物  = 仲間と友好的になる

つまり、人間で言うと、セロトニン神経系の働きが高まることで、

対人関係や共感性、社会性が養われるということになります。

人が生きていくために重要な役割を占めるセロトニンのような物質も、

光によって働きを活性化させるというこです。

さて、朝の目覚めの光が重要だということはわかりましたが、

これを自然光だけでできるかというと、それは無理です。

天候や日の出時刻をコントロールできないからです。

そこで、光で起こす、光目覚まし時計の活用が便利です。

マスコミ700媒体以上で紹介され、

非常に注目されている「光目覚まし時計」をご紹介しましょう。

光で起こす光目覚まし時計 intiSQUARE(インティ スクエア)。

その詳細な説明をじっくり読んで、

光による睡眠管理が脳によいということを、ご理解ください。

この光目覚まし時計 intiSQUARE(インティ スクエア)には、

3か月間の返金保証がついていますが、これは、

光で起きる効果を感じる期間には個人差があり、

より多くの方に気持ちよく目覚めていただくために

3か月間の継続使用をお願いしているためです。

3か月間、継続して使用すれば、きっとご満足いただけます。

音で起きるのとは異次元の快適な目覚めを促す光目覚まし時計inti(インティ)